こんばんは。らんらん♪です。



今日もゆっくりできた一日でした。


2週連続でTV放送され、録画してた「エヴァンゲリオン」を一気に見ました。

碇シンジ君は、父親との折り合いが悪く、自分が必要とされていることを素直に受け入れられません。でも、「逃げちゃ駄目だ」という思いでエヴァのパイロットを自ら志願します。

画像1








このアニメ映画からは、主体的に立ち向かう勇気を多く学びます。


闘病も同じ部分があるかもしれません。

現在、最新作が上映されていますので、近いうちに見に行きたいと思います。

------

さて、昨日は大変充実していた大学時代の一日を書いてみました。
教職に就いてからも充実していました。
反面、気持ちが休まる時間も少なかったように思います。

仕事がとても面白く、独身ということもあり、土日もアパートにいるより職場で過ごす時間の方が長くなりました。

そのうち、休むという「スキ」を作ると自分は忘れられる、置いていかれるのではないかという強迫観念に苛まれました。


今思い起こせば、緊張の糸がピーンと張り詰めている状態で365日を過ごしていたように思います。
スーツを着てネクタイをした自分しか想像できませんでした。


がんを患ってから、高校を卒業してからの日々をゆっくりと振り返る時間を得ました。
病気をしていなければこんな時間は作る努力すらしていなかったと思います。


今の僕は、間違いなく以前の僕に比べて健康的な生活を送ることができています。


このことが真実ならば、がんを患っているからといって命を失うリスクが以前の自分より高いとは言えないことになります。
健康を取り戻し、更に以前に比べても健康的に長生きすることは可能です。


潜在意識にあるあらゆるマイナスイメージを崩すことが病気を乗り越える健全な思考をつくると思います。

頭で考えるだけでは何ともなりません。
具現化していくこと(行動すること)で道はひらけると今感じています。


マイナスイメージにつながるものからは、戦わずに勝利する戦略を立てることも必要です。

でも、やっぱり、大事な部分からは逃げちゃダメだ。

後悔しないため、今後の展望を持つために、逃げた方がいいことは何なのか、そして何と闘えばいいのか、よく見極めたいと思います。



おやすみなさい



明けない夜はない


らんらん♪



--------------

PC用のデザインを変えてみました。
.。゚+.(・∀・)゚+.゚ちょうちょです。
字が小さければもっと大きくしますので、ご意見をお願いします。


モバイルからご覧の方は、このページの一番下のパソコンという文字をクリックして表示を切り替えていただくと幸いです。